読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母をたずねて三百里

母を訪ねて一人旅中。玲糸の日記。

『遊び心』

こんばんは〜!玲糸です♪

肩凝りがひど〜い!
腰がいたーい!(生理前)

目がいた〜い!(ブログ書くとすぐなる)



本日は雨で寒いです(><)

吐く息が白い!

だけど、元気に

歩いてきましたよー♡




今日歩いた道はこんな道♪

相変わらず田舎道で

何もないです。


雨なのでしっとりした景色







駄菓子屋さんかな?






小さい郵便局
(ここ郵便局なの!?ってちょっと馬鹿にしました。ごめんなさい)









小学校













今日はちょっと楽しい看板に出会いました!





近寄ってみると〜



へー!
日本三大美肌の湯だってー!
(始めて聞いたけど)
皆さん栃木県片岡市にきたら是非。
(私入ってないけど。笑)








次の看板は〜?











え、なに?笑







はい。ラスト〜


近寄ってみると〜


えー!笑

連れてってもらいたくなーい。笑



以上、ちょっと面白い看板でした。






あとは、
ポツンと立ってるイチョウの木に出会って、




12キロほど歩いたかな꒰ ´͈ω`͈꒱






最近もブログに書きたいことが

ものすご〜く

たくさんあるんだけれども、

ブログに燃えてた最初の頃と違って

ブログ書くこと

「なんだかな〜」ってなってきた。

「なんか上から目線の文章になってる気がするんだよな〜」

ってゆうのと

普通に目が疲れるから

書くの嫌ってゆうので

最近はブログに燃えてない私です。笑




「どうしたらいいかな〜」

って考えたら

ひらめいた!



絵本作家になろ〜♪

絵本なら面白くいろいろ伝えれれるし꒰ ´͈ω`͈꒱♪

って思って最近ワクワクしてて

2冊くらい

思いついたストーリーがあるんだけど、

なんか絵を描くのワクワクしないな〜

ってなって、


とりあえず

ストーリー作ったところで

保留になっています。笑





私は文章書くの好きだと

言うことに気がついた最近。

本書きたいな〜っても思ってて

こんな本が面白いな〜って

思ってるんだけど、

途中まで書いてとりあえず保留。笑



どっちも超面白いと思う!←自分で言う。





でも、本って文章読めない人いるし

ちょっと堅苦しいんだよな〜

もっと楽しいやつ

やりたいなぁ

何がいいかなぁ

って歩きながら考えてた。





あ。

てゆうか歌手になりたいんだから

シンガーソングライターに

なればよくね?

ってゆう当たり前すぎることに

今日気がつきました。笑



本当はね、

作詞作曲は

もともとやりたいことだったけど

私には才能がないから

と思って

作ってみる前から

作詞作曲をすることを

諦めていたのね。




私はどうして

作品を作ってみる前から

私には才能がないと

作ることを始めなかったのか。



私はどうして

歌うことが怖くて

人前で歌えなくなったのか。

というと、




いろんな理由の中の大きな一つの要素は

『遊び心』を忘れて

『正しさ』を選ぼうとしているから

だと自分で気がつきました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し、話がずれるけど

私は紙芝居を作ったことがあってね。

東京で学童保育の仕事をしていた頃、

そこの子ども達は絵本や紙芝居が大好きで、

その子達のために書こう!

と思ったのがきっかけで、



紙芝居を作る知識なんて

なんにもないけど

とりあえずお話考えて

適当な絵を描いとけばいいっしょ!

って思って作ってみたの。




完成した時

私は自分のことめっちゃ褒めた

やば〜!私って才能ある♡
私、天才だな☆
って思う。笑

才能ある私の作品はコチラ
(インターネット初公開です♪)
↓↓↓
玲糸オリジナル紙芝居〜青星のキラリと赤星のピカリ - YouTube

これは実際にあるお祭りをもとにして

物語を考えたんだけど、

絵も得意じゃないから、

ネットで

「ねずみ イラスト 簡単 可愛い」

って調べて書けそうなやつ真似したり。笑

「クレヨン 色の塗り方」って調べて

クレヨン使ったり、

なんのこだわりもなく

作ったんたけど、
(ただ、得意じゃないからものすごく時間がかかった、毎日毎日仕事終わったら紙芝居にとりかかってた。笑)

私がこうやって

私、天才だな☆とか自分で言えちゃって

YouTubeにUPまで出来るのは

私が紙芝居の作り方を

一切学んでないからなんだよね。



もし、私に少しでも紙芝居に対しての知識があったら

私は、絶対自分のこと褒めるなんて出来ないと思う。



例えば、

ストーリーの構成の仕方を学んでたとしたら、

このストーリーは面白く作れているのか?とか

私よりももっと上手い人がいるから私はダメだ。って思うし、

絵の描き方を学んでいてもそう。





声の出し方だって

声優さんとかはちゃんと学ぶだろうし、

本の読み聞かせにしても

プロからしてみたら

いろいろダメ出しされること

たくさんあるに違いない。




でも、私はその知識が全くないから

『遊び心』だけで作品をつくって

子ども達を喜ばせたいだけだから、

私、天才かも☆って言えるの。




他の誰とも比較してないし、

売り出して大ヒット狙おうとか思ってないし、

『正しさ』を知らないから

とりあえず自分が納得した作品ができたら

満足できるし、

みんな見て〜♡って

褒めて〜♡って素直に言えるわけ




・・・・・・・・・・・・・・・・・


話をもとに戻すと、

私が作詞作曲しない理由、

歌を歌わなくなった理由は、

『遊び心』よりも

『正しさ』に縛られているからなんだなってことに

気がつきました。





作詞作曲の知識なんてほとんどないんだけど、

コード進行とか

コード進行に対しての

メロディーの作り方があることとか

そのくらいの知識はあるのね。




『正しさ』よりも『幸せ』を選ぶ。

とか言っときながら、本当は、

そんな少しの知識だけでも

私の『遊び心』は消えちゃうくらい

私はもともと『正しさ』を大切にする性格なんだよね。


なんでも『正しいこと』にこだわる

『間違ったこと』はしたくない性格だから、

トラペットを吹くときも、

間違った口の形したくないし

間違った呼吸法をしたくない。



ダンスをするときも

間違った体の使い方をしたくない。



歌うときも

間違った声の出し方をしたくないし

音程を間違えたくない。



全部好きだから、

面白そうだから、カッコイイから始めたことなのに、



習うとすぐ『正しさ』に終着する。




ダンスを習ってたときに

先生に

「直したほうがいいところはありますか」

って聞いた時があって、



帰ってきた言葉が、

「玲糸は全部出来てるんだけど、
華がないんだよね

そう言われたことがある。




ガーン号(┬┬ω┬┬)泣




きっと、
『正しさ』にとらわれるから

表現力に欠けるんだと思う。





アートってそもそも『遊び』なんだから、

『遊び心』を忘れたら

いきなり面白くなくなる。




私が、つまづく時はいつも

『遊び心』を忘れてる時だと

今日気がついたんだ♪







失敗したっていいんだから
とりあえず行動してみる

ってゆうマインドで

ただ、ひたすら『歩くこと』

を始める勇気を出した今の私なら、




上手い曲が作れなくたって

とりあえず遊びで

作詞作曲してみることなんて

余裕になったんだ。



だから、

作詞作曲してみたいな♪

ってゆう素直な自分の声を

自分がちゃんと受け取ることが出来た。


実際、コード進行とか

メロディーの作り方とかわかんなくったって

適当に作ってみて

あとは、作曲出来る人に
編集してもらえばいいじゃんね。笑

なんとなく作っとけはイメージ伝わるし

まだ、いろいろ知識がないからこそ

変なこだわりもないだろうよ。

何回も作って研究していくと

こだわりとか自分らしい表現とか

見つかるかもしれないけど、

ごちゃごちゃ言ってないで、

まずは

はじめの一歩
踏み出さなきゃ!

何も始まらないじゃんね。

やってみよう!

ワクワク〜♪


『遊び心』さえ忘れずに

作り続けて

歌い続ければ

もしかしたら私の歌が

大ヒットしちゃうかも〜♡←まだ、一曲も作ってない。笑





誤解がないように書いておくと、

何かを習うことはダメだ!

と言ってるわけじゃないよ。

私は、トラペットも、ダンスも、歌も、

レッスンを受けて『正しさ』を学んで、

基礎練習に励んだからこそ

自分の表現力は広がったからね。



でも、

習うということは
『必要』(なくてはならないこと)

ではなく、

『重要』(きわめて大切なこと)

なことだなぁ。とはおもうかな♪





習うことで『正しさ』にとらわれて

『遊び心』を忘れちゃダメだなって

気がつきました♪って

って話です♡








『遊び心』

アートだけではなくて

どんなことをする時も

とても大切になってくると思う。



スポーツとか、

教育とか、

仕事だって遊び心は大切なはず。
(社会人になったことない私の言葉は説得力ないが)



高校倫理では、
(私は選択授業で倫理・物理・芸術を選択してたの)

「人間とは何者か?」

という問いに対して、


ホモ・サピエンス(考える人)

ホモ・ファーベル (作る人)

ホモ・ルーデンス(遊ぶ人)

とも表現される。





人間にとって

『遊ぶこと』

『考えること』と同じくらい

素晴らしい能力だってことだ。

これと並ぶってめっちゃすごくない!?




ってことは

『遊び心』は全てにおいて大切ってことでしょ?♡←雑。笑


まぁ、『遊び心』は何歳になっても

大切にしたいね♪

ってゆう話でした!笑



つづく。



☆・・・☆・・・☆・・・☆





母をたずねて三百里とは??
↓↓↓
新プロジェクト!?!? - 母をたずねて三百里


私が旅する理由
↓↓↓
第15話 旅する理由 その1 - 母をたずねて三百里